宿泊部門 生産性向上 可能性調査

人員不足が深刻化してきている現在、業務生産性を向上させることはどの宿泊施設にとっても重要な課題となっています。

生産性は以下の計算式で求められます。

生産性 = 産出 ÷ 投入

「産出」にどの数値を当てはめるかはどの切り口で生産性を求めるのかによっても異なりますが、ホテル業界においては「売上高」を当てはめるのがわかりやすいでしょう。
同じように「投入」は総労働時間を当てはめる方が良いでしょう。

この調査では生産性向上のうち、「投入」部分に焦点を当てています。
また、原則としてシステム改修や施設の変更などの投資を伴う改善ではなく、現在の環境下で行える業務改善を前提としています。

システムのバージョンアップ(例:予約取り込みの一般化)や市場環境の変化(例:キャンセル率の増加)などにより、それまで行われていた業務フローでは現状にマッチしていないことも多いのです。

増収可能性調査」と組み合わせていただくことで「投入」部分の改善可能性も把握していただけます。

 

自社の生産性向上にご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。