予測の正確さを評価する

レベニュー・マネジメントは、「需要予測を基に販売を制限することで、収益の拡大を目指す体系的手法」だと言えます。であれば、「需要予測」が正確であればある程、効果が高くなると考えることができるでしょう。

では、需要予測がどれだけ正確であったか、どのように評価すればよいのでしょうか。
需要予測として使用されるのは「売上(室数×ADR)」です。

レベニュー・マネジメントには「Forecast Accuracy (予測の正確さ)」という考え方があります。
売上の予測がどのくらい正確に行えたかを、誤差の形で評価するわけです。
誤差の算出方法は以下の通りです。

Forecast Accuracy = 誤差 ( 予測値 - 実績値 ) / 実績値

計算式は上記の通りだとして、ではどのくらいの誤差まで許容できるものでしょうか。
レベニュー・マネージャーとして最低限目指すべき 許容誤差の範囲は、前月末の予測値が3% 以内 です。
勿論、ホテルチェーンによって許容誤差の範囲や、評価する売上予測の作成時期は変わってきます。

大切なのは、需要予測をしたままにするのではなく、  Forecast Accuracy を算出することで予測の精度を確認し、より正確な予測が行えるようにすることです。
継続して Forecast Accuracy を評価し続けることで、予測の精度の向上につながるでしょう。

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント パーマリンク

コメントを残す