システムを効果的に導入するには

システムを導入する際の、手順や注意事項をまとめてみました。
システムを導入する理想的な手順は、概ね下記のとおりです。

1. システム導入目的の明確化
2. 目的に応じた、現在の運営の変更点洗い出し
3. 1.2.に基づいた望ましい運営の構築
4. 3.に基づいた「要件定義」
5. 候補となるシステム会社(システムベンダー)の洗い出し
6. ベンダーへ要件定義書を提供、デモを依頼する
7. 要件定義書に基づくベンダー評価
8. 価格交渉
9. ベンダー選定・概算予算の確定・切替日の確定

10. 詳細な運用と、選定したシステムのギャップ分析
11. カスタマイズ・運用変更検討
12. キーパーソンへの教育
13. マスタ検討
14. マスタ登録作業
15. 担当者への教育
16. 旧システム→新システムへのデータ移行(切替時のみ)
17. 導入日当日の手順確認

18. 導入日当日の対応

19. 導入日以降の運用対応
20. 導入日以降の問題点把握と対策検討・実施

各手順毎の詳細や注意点は別にまとめますが、ここまでをご覧頂いただけでも相当な量の仕事になる事がお分かりになるでしょうか。

システムを古いものから新しいものに切り替える場合、「毎日の業務に加えて導入のための業務を行わなければならない」為、非常に負担が増えます。

ですので、費用的に可能であればシステム導入のコンサルタントを使うことをお薦めします。
システム導入コンサルタントは、上記の過程の進捗管理(プロジェクトマネジメント)や効果的な方法のアドバイスなど、様々な角度からの支援を行うことができます。

もちろん、私ども亜欧堂もシステム導入のお手伝いができます。
お問い合わせ: info@aoudo.jp (原則24時間以内に回答します)

カテゴリー: 3.ホテルシステムの導入支援 パーマリンク

コメントを残す