2.レベニュー・マネジメント」カテゴリーアーカイブ

日本型レベニュー・マネジメントは必要か?

結論から言えば、日本型のレベニュー・マネジメントは短期的には不可欠ですが、中長期的にはグローバルスタンダードに合わせるべきでしょう。 何故ならば、日本型のレベニュー・マネジメント(RM)は日本独自の商習慣の影響を考慮する … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | コメントする

宴会レベニュー・マネジメントの指標 ConPAST

2014年は宴会レベニュー・マネジメント(RM)が日本で普及しだす契機の年になるかもしれません。 亜欧堂でも2013年より本格的に宴会RMの実務的開発をタイプの異なる2つのホテルチェーンと共同で行っており、これとは別に宴 … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント, 7.ホテルの基本用語 | 1件のコメント

宿泊レベニュー・マネジメントの指標 RevPAR

宿泊レベニュー・マネジメント(RM)では「そのホテルの販売戦略が上手くいっているかどうか」の指標(KPI)としてRevPAR(Revenue Per Available Rooms)を使用します。 RevPAR = 宿泊 … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント, 7.ホテルの基本用語 | 1件のコメント

RMのセオリー / クローズは失敗と考える

今回の投稿からレベニュー・マネジメント(RM)のセオリーを紹介していきます。 1つ目のセオリーは、毎日の販売調整の中で意識してほしいものです。 クローズ(販売を停止する事)は、RMにとっては失敗に当たると考えるべきです。 … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | 1件のコメント

レベニュー・マネジメントとは:実践に必要な3つの要素

レベニュー・マネジメント(RM)とは「需要予測を基に 販売を制限する事で 収益の拡大を目指す 体系的な手法」と定義できます。 では次に、RMを実践する上で必要になる3つの要素について考えてみましょう。 RMを実践するにあ … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | タグ: , | コメントする

RMを始める前に / RMに適した正規料金を考える

正規料金とはどうあるべきものでしょうか。 RMにとって正規料金とは「最大可能な料金」と考えることができます。 つまり正規料金とは「それ以上高く売る事が出来ない料金」です。 場合によっては値上げ等の見直しをすることで、より … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | コメントする

RMを始める前に / Rate Scale を確認する

レベニュー・マネジメント(RM)は、「需要予測を基に 販売を制限する事で 収益の拡大を目指す 体系的な手法」です。そして「販売の制限」の中で最も効果が出やすく、制限の中心となっているものが「価格」です。 サイトコントロー … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | コメントする

RMを始める前に / マーケットセグメントを整理する

レベニュー・マネジメント(RM)は、「需要予測を基に 販売を制限する事で 収益の拡大を目指す 体系的な手法」です。そして「需要予測」の精度を高める為には、「データを正確かつ望ましい形で」集計する事が前提となります。 さて … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | コメントする

RMのセオリー / 残室 ≠ Availability

「あと何室販売できるか?」という質問をした時に、日本のホテルの多くの方は「残室は●●」と答えますが、レベニュー・マネージャーは「Availability は○○室」と答えます。 一見似ているようで、実は「残室」と「Ava … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | コメントする

RMを始める前に / データの正確性を保つ

  レベニュー・マネジメント(RM)を始めようとすると、幾つか事前に検討・改善しておくべき項目があります。そのひとつが「データの正確性」です。 RMはデータを基に需要を予測し、予測に合わせて販売調整を行います。 … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | コメントする