2.レベニュー・マネジメント」カテゴリーアーカイブ

【国内主要地域のホテルの方へ】今こそフェンスを張ろう!

先日の日経新聞でも取り上げられていましたが、これまでインバウンドの恩恵を受けてきた大阪地区の客室稼働率が前年と比べて減少傾向が続いているとのこと。実際に幾つかの大阪のホテルの方にお聞きしてみると、トレンドの悪さを実感して … 続きを読む

カテゴリー: 1.戦略を考える, 2.レベニュー・マネジメント | コメントする

予測の正確さを評価する

レベニュー・マネジメントは、「需要予測を基に販売を制限することで、収益の拡大を目指す体系的手法」だと言えます。であれば、「需要予測」が正確であればある程、効果が高くなると考えることができるでしょう。では、需要予測がどれだ … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | コメントする

宿泊施設で残りわずかな部屋をどう販売するべきか 【結果報告】

調査の目的 訪日外国人観光客の激増もあって、このところ「予約が取りにくい」という報道が多々目につくようになりました。 ホテルや旅館などの宿泊施設の客室数には限りがあり、泊まりたいという方が増えている以上、全てのお客様にご … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | コメントする

レベニュー・マネジメントのノウハウも変化していく

スマートフォンが登場したことでインターネットがより身近になったように、技術の進歩や環境の変化により様々なものが変化していきます。 それはレベニュー・マネジメント(RM)も同様です。 「需要予測を基に 販売を制限する事で  … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | コメントする

レベニュー・マネジメントの2つの流儀

実はRMには目的の捉え方により2つの流儀があります。 売上(または利益)の拡大を目的とする 予算達成を目的とする 売上の拡大を目的とする流儀では、日々の活動を重視します。 日々蓄積されるデータから、将来の需要を予測し販売 … 続きを読む

カテゴリー: 1.戦略を考える, 2.レベニュー・マネジメント | コメントする

レートコントロールのタイプを考える

宿泊部門のレベニュー・マネジメント(以下RMS RM)において、増収効果を高めるために「最低販売価格(Hurdle Rate:以下HR)」をどのように管理するかは重要なテーマとなります。 レートコントロールは幾つかのパタ … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | コメントする

RMのセオリー / 直前の値下げは失敗と考える

レベニュー・マネジメント(RM)を実践するにあたり、毎日の業務の中で重要度が高いのが「需要予測に合わせて客室をいくらで販売するべきか?という料金設定です。 需要が高いと予測できれば料金も高く販売する、需要が低ければ料金は … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | コメントする

宿泊の電話予約をどう販売するべきか

レベニュー・マネジメントのトレーニングの中で、競合ホテルの電話予約受注方法を確認することがあります。そうすると、今の電話予約の販売方法には大きく3つのタイプがあることが分かります。 電話予約料金(TEL料金)、正規料金、 … 続きを読む

カテゴリー: 1.戦略を考える, 2.レベニュー・マネジメント, 4.オペレーションのヒント | コメントする

【ホテル用語】 ベスト レート ギャランティー

ベスト レート ギャランティー(Best Rate Guarantee)とは、ホテルへ直接予約(電話予約、インターネット予約)をするゲストに対して、最も安い料金で予約できることを保証することです。日本語では、「最低価格保 … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント, 7.ホテルの基本用語 | 2件のコメント

日本型レベニュー・マネジメントは必要か?

結論から言えば、日本型のレベニュー・マネジメントは短期的には不可欠ですが、中長期的にはグローバルスタンダードに合わせるべきでしょう。 何故ならば、日本型のレベニュー・マネジメント(RM)は日本独自の商習慣の影響を考慮する … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | コメントする