投稿者「AOUDO」のアーカイブ

データを見て考えよう / この国の来日ピークはいつでしょうか?

印象や直感は正しいこともありますが、大きく外すことも多々あります。 直感による間違いを防ぐためにはデータを見て考えたり、直感を確認するクセをつける方が良いでしょう。 そこで、訪日外国人旅行客の国別のピーク時期に関するテス … 続きを読む

カテゴリー: 1.戦略を考える | コメントする

【国内主要地域のホテルの方へ】今こそフェンスを張ろう!

先日の日経新聞でも取り上げられていましたが、これまでインバウンドの恩恵を受けてきた大阪地区の客室稼働率が前年と比べて減少傾向が続いているとのこと。実際に幾つかの大阪のホテルの方にお聞きしてみると、トレンドの悪さを実感して … 続きを読む

カテゴリー: 1.戦略を考える, 2.レベニュー・マネジメント | コメントする

2016年02月時点で適正料金検討の視点を再整理

このところ、民泊及び予約困難となっている状況により各種メディアがホテル業界への注目を高めており、下記のようにホテル業界の料金設定に問題を感じる旨の報道頻度が上がってきています。 アパホテル、ホテル不足便乗で料金3倍値上げ … 続きを読む

カテゴリー: 0.マネジメントのヒント | コメントする

予測の正確さを評価する

レベニュー・マネジメントは、「需要予測を基に販売を制限することで、収益の拡大を目指す体系的手法」だと言えます。であれば、「需要予測」が正確であればある程、効果が高くなると考えることができるでしょう。では、需要予測がどれだ … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | コメントする

「手仕舞い」機能は極力使わない

今回はサイトコントローラーの実践的な販売調整の方法を紹介してみます。   レベニュー・マネジメント(RM)のセオリーでは「販売停止」は失敗と考えます。 販売停止を避けるには、前もって販売調整を強めてブッキングペ … 続きを読む

カテゴリー: 4.オペレーションのヒント | コメントする

宿泊施設で残りわずかな部屋をどう販売するべきか 【結果報告】

調査の目的 訪日外国人観光客の激増もあって、このところ「予約が取りにくい」という報道が多々目につくようになりました。 ホテルや旅館などの宿泊施設の客室数には限りがあり、泊まりたいという方が増えている以上、全てのお客様にご … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | コメントする

ホテル単位の基本戦略を設定する

どのような方法で利益を生み出し企業を維持発展させていくかは非常に重要なテーマです。その方法は「戦略」という言葉で表現されます。 ※ 戦略や戦術という「軍事用語」をビジネスに当てはめるのに否定的な見解もありますが、広く普及 … 続きを読む

カテゴリー: 1.戦略を考える | コメントする

レベニュー・マネジメントのノウハウも変化していく

スマートフォンが登場したことでインターネットがより身近になったように、技術の進歩や環境の変化により様々なものが変化していきます。 それはレベニュー・マネジメント(RM)も同様です。 「需要予測を基に 販売を制限する事で  … 続きを読む

カテゴリー: 2.レベニュー・マネジメント | コメントする

ホテルとマーケティング

「マーケティング」はホテル業界のみならず広く全ての業種や組織で活用されていて、その定義は下記のとおりです。 AMA (アメリカマーケティング協会)が2004年に改定した定義 Marketing is an organiz … 続きを読む

カテゴリー: 1.戦略を考える | コメントする

データの活用を考える

レベニュー・マネジメントの導入のお手伝いをしていると、よく「もっとデータ分析をしっかりやりたい」との声を耳にします。では、データの活用とはいったいどういう状態をいうのでしょうか。 実はデータには、大きく2つの種類がありま … 続きを読む

カテゴリー: 1.戦略を考える | コメントする